キレイなバストを作るブラジャーの正しい選び方

  1. ホーム
  2. オシャレにも緊急事態にも

オシャレにも緊急事態にも

レディー

女性にとって髪は大切です。日頃から手入れを欠かさない人も多いでしょう。しかし、自分が気をつけていても不可抗力により台無しになってしまう時があります。例えば美容院で切りすぎてしまったり、カラーを失敗してしまった時などです。すぐに直れば良いですが一度切ってしまった髪はなかなか伸びません。そこで、ウィッグが役に立ちます。ウィッグを被ればすぐになりたい理想の髪型やカラーになることができ、大変便利です。ロングやカールなど普段使い用にたくさん売られていますが、初心者はボブがオススメです。短過ぎると地毛が見えたり、反対に長すぎると絡みなど手入れが大変です。ボブは程よい長さで扱いやすく女性らしい髪型はどのようなシーンでも合います。

ウィッグを被る時に注意することはしっかりと地毛を纏めることです。ボブはふんわりとした髪型のため多少盛り上がっても気にはなりませんが、偏りがあると不格好に見えます。地毛が長い人は特に三つ編みなどをしてウィッグネットの中に地毛を収めましょう。また、ウィッグ自体の扱いにも注意が必要です。ボブは絡まりにくいですが、手入れを雑に行うと絡まってクモの巣のようになってしまいます。使用する度にウィッグをクシで梳かしましょう。梳かし方は、まずウィッグ専用のスプレーを全体に振りかけます。そこから静電気の起こりにくいクシで毛先から少しずつ梳かします。徐々に根元近くまで梳かして全体を整えましょう。その時に根本は梳かさないようにします。ふかしといって生え際を短い毛などで浮かすことにより、ネットが見えにくい加工がしてあることがあるためです。